「森のイベント」ブログは、子どもの森保育園で開催される園行事で撮影した子供達の様子を紹介する記事を投稿いたします。園行事には、保護者様やご来賓様をご招待して大々的に行う行事からおともだちと職員とで行う小さな行事までたくさんのイベントがございますが、子供たちにとっては、それらの一つ一つが自分自身を成長させてくれる貴重な「今・ここ」ですので、どれをとっても大切なものです。前者に近いものは、これまで、 Kodomori Event ブログでお知らせしてまいりましたが、後者を含めてできる限りお知らせさせていただくつもりで、新たにブログを用意いたしました。子供達の真剣な表情や純真な心を感じ取っていただければ有り難く存じます。

森っ子のクリスマス会(後編・聖劇) in 2020

| コメント(0) | トラックバック(0)
令和2年12月21日(月)
 新型コロナウイルス感染症防止対策を考慮して前半と後半に分けて開催した今年のクリスマス会。後編、幼児クラス(3歳児〜5歳児)の生活発表会の様子をダイジェスト版で紹介させていただきます。
クリスマス会と言えば「聖劇」。いつもでしたら、発表会全体の幕開けとしてプログラムを組んでいましたが、今年は、後半の幕開けとして位置付けられました。

 でも、前編でも説明させていただきましたが、いつも生活発表会の後の第2部で、「サンタと遊ぼう」のコーナーで本物サンタさん(青い瞳のサンタさん)をお招きして子どもたちの夢に少しでも近づけるようにしていましたが、今年はサンタさんにご迷惑をかけられず、偽物サンタさん(黒い瞳のサンタさん)の登場というあらすじをとらせていただいたしだいです。

そこで、子どもたちの脳裏にますます浮かび深まる疑念。「サンタクロースって いるの? ほんとうのことをおしえてください」に対して答えない訳にはいかないだろうと、この聖劇の記事をとおして記述することとしております。
今回ご紹介させていただくのは、上述の子どもたちの疑念をそのままタイトルとしている絵本からです。

 舞台発表をご覧になられた保護者のみなさんは、子どもたちの一語一句が心に染み入った事かと思われますので、写真は舞台発表時に撮ったものを掲載し、文は全てその絵本から引用させていただきました。


聖劇【きりん組(3歳児)・ぞう組(4歳児)・ぱんだ組(5歳児)】




「引用/著書:サンタクロースって いるの? ほんとうのことをおしえてください/絵・訳:いもとようこ/文(ニューヨーク・サン社説):フランシス・ファーセラス・チャーチ/発行:株式会社 金の星社」



<引用開始>

サンしんぶんさま

わたしは 8さいです。
わたしの ともだちが「サンタクロースなんて いない」
と いっています。
パパに きくと、「サンしんぶんに きいてごらん」と いいました。
ほんとうのことを おしえてください。
サンタクロースは いるのですか?

                バージニア・オハンロン
              ニューヨーク市 西95丁目115



IMG_0741.jpeg
バージニア、
あなたの ともだちは、まちがっています。
まわりの うたぐりぶかい ひとたちに、えいきょうされているのです。




IMG_0742.jpeg
じぶんの めに みえないものいがいは、しんじないのです。
じぶんの ちいさな こころで わからないものは、
みんな うそだと おもっているのです。




IMG_0743.jpeg
バージニア、
にんげんの こころなんて、おとなでも こどもでも、ちっぽけなものです。




IMG_0744.jpeg
この おおきな うちゅうでは、
にんげんなんて ちいさな アリのようなものです。
わたしたちの まわりに ひろがる むげんの せかいと、
くらべてみてください。




IMG_0745.jpeg
にんげんが かんがえることなんて、
おとなでも こどもでも かぎられているのです。





IMG_0746.jpeg
バージニア、
そう、サンタクロースは いますよ。




IMG_0750.jpeg
この よのなかに「愛」や、「おもいやり」や、
「いたわり」が あるのと おなじように、
サンタクロースは たしかに いるのです。




IMG_0751.jpeg
「愛」や「おもいやり」や「いたわり」が
たくさんあるおかげで、わたしたちの まいにちが うつくしく、
たのしいものに なっていることを、あなたたも しっているでしょ。




IMG_0752.jpeg
もし、サンタクロースが いなかったら、どんなに くらく、
さびしい よのなかに なってしまうことでしょう。




IMG_0753.jpeg
バージニアのような こどもたちが、この よに いないのと おなじくらい、
すごく さびしいものに なってしまうでしょう。
こどもらしい じゅんしんな こころも、なくなってしまうでしょう。





IMG_0754.jpeg
わたしたち にんげんの たのしみは、めで みえるものと、
てで さわることだけに なってしまう。





IMG_0757.jpeg
そして、こどもの せかいを てらしてくれる あの えいえんの ひかりは、
きえてしまうでしょう。




IMG_0758.jpeg
サンタクロースを しんじないのは、ようせいを しんじないのと おなじです。
クリスマスイブの よるに、パパに たのんで、たくさんの ひとを やとって、
せかいじゅうの えんとつを みはらせるのも いいでしょう。




IMG_0759.jpeg
でも、かれらが、サンタクロースが そらから おりてくるのを
みつけられなかったとしても、それが、どうしたというのです?




IMG_0760.jpeg
だれにも サンタクロースは みえないのです。




IMG_0761.jpeg
だからといって、サンタクロースが いないという
しょうこには なりません。




IMG_0763.jpeg
せかいじゅうで、もっとも たいせつなことは、
おとなでも こどもでも、みることが できないのです。



IMG_0764.jpeg
ようせいが、しばふの うえで おどっているのを
みたことが ありますか?





IMG_0765.jpeg
もちろん、ないですよね。




IMG_0767.jpeg
でも それは、そこに ようせいが いないという
しょうこには なりません。





IMG_0768.jpeg
この せかいにある、みることが できない
たくさんの ふしぎな ことは、
だれにも はっきりと つかめないのです。




IMG_0772.jpeg
あかちゃんの ガラガラを ぶんかいして、
なにが、ガラガラと おとを だしているのかを
みることは できますが、




IMG_0775.jpeg
めに みえない せかいを おおっている「まく」は、
せかいじゅうの ちからもちが ちからを あわせても、
やぶれないでしょう。




IMG_0778.jpeg
ただ、「しんじるこころ」「そうぞうするちから」「愛」




IMG_0779.jpeg
「詩」「ロマン」「くうそうするちから」だけが、




IMG_0780.jpeg
その「まく」をあけることが できます。




IMG_0781.jpeg
そして、むこうがわの うつくしいもの、かがやくものを ながめたり、




IMG_0784.jpeg
えに かいたり できるのです。



IMG_0785.jpeg
それは みんな ほんものかって?



IMG_0788.jpeg
バージニア、この よで これほど ほんとうで、
かわらないものはないのです。




IMG_0790.jpeg
「サンタクロースは いない!」だって?




IMG_0791.jpeg
うれしいことに、サンタクロースは ちゃんと います。




IMG_0792.jpeg
そして、これからも ずうーっと いますよ。






IMG_0795.jpeg
バージニア、いまから 1000ねん、100000ねん のちまでも、
サンタクロースは、こどもたちを よろこばせつづけることでしょう。


<引用終了>




IMG_0794.jpeg
聖劇の解説を見事に果たしてくれた年長児さん。劇の始まりから最後まで会場いっぱいに
響く大きな声を出してくれたので、来客のすべてのみなさんに伝わったことでしょう。
聖劇の意味が・・・。
今日のこのブログ記事は、敢えて、皆さんが解説してくれた内容の重複にならないように
しました。会場の方々は、皆さんの生の声を聴いてスポッと心の中に染み込んだに違い
ありませんから。



 でも、そんな大役を立派に果たしてくれたのにお詫びしないといけないことがあります。
ごめんなさい。それは、みなさんの写真を撮ることができたのはこの1枚だけでした。
舞台発表会の途中でカメラのトラブル(メモリフル状態)が発生してしまい、代打でスタート
したかと思ったら、もうすでに皆さんの舞台の幕は上がっていて、皆さんが舞台正面で
堂々と語りかけている場面を逃してしまったのです。それから、チャンスを狙ったのですが、
ようやく撮れたのがこの1枚だけでした。そして、1枚さえも撮ることができなかった他の
皆さん、もっと、もっと、ごめんなさいね。









トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kodomori.net/mt/mt-tb.cgi/852

コメントする

このブログ記事について

このページは、seiが2020年12月22日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森っ子のクリスマス会(前編) in 2020」です。

次のブログ記事は「森っ子のクリスマス会(後編・鬼滅の刃) in 2020」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。